春秋トップ > 麻布春秋 > 自然薯を掘りに

Information

自然薯を掘りに

2016.10.31

お世話になっている川田農園さんを訪れ、
いつものように畑を廻るとともに
天然の山芋、自然薯を掘ってきました。


道ばたからちょっと森に入ったあたり、
木に絡むようにハート型の黄色い葉っぱの蔓が見つかります。
蔓の根本をたどっていくと地面に。
その先を掘ると芋に行き当たるわけです。

こう書くと簡単そうですが、なかなか見つけるのは大変。
葉っぱの形がよく似た食べられないつる植物を避け、
うまく自然薯を見つけたとしても
蔓が細いものはあまり地中の芋が育っていません。

良さそうな蔓を見つけたとしても
人間やイノシシにすでに掘り返されてしまっていることもあります。

特に今年はイノシシ被害が多いそうで
鼻面で地面を1メートル弱も掘り返して自然薯を食べるそう。



あちこち廻ることしばし
ようやく立派な蔓を見つけることが出来たので
掘り進めていきます・・・
しかし本当に難しいのはそこから!

柔らかい自然薯をうっかり壊したりしないよう
慎重かつ大胆にスコップで掘り進めていく根気のいる作業。

ちょっとしたコツとして
自然薯を掘るときはなるべく崖っぷちに生えているものが良さそう。
自然薯が見つかったあと
平地を掘るのと崖を掘るのとでは必要な労力が全然違います・・・



何十分か後にようやく採れた真っ黒でごつい山芋、そう、これが自然薯。
写真サイズで約10年もの。

芋の頭は少しだけカットして、また地中に埋め戻します。
そうすればいずれはまた大きな自然薯になってくれるでしょう。

    BACK

    ランチメニュー

    NEXT

    麻布春秋 本日の食前酒とワインリスト

    麻布春秋

    新着情報

    夏季休暇のお知らせ
    2017.05.23. from 春秋(本社)
    春秋文化村通り・改装工事のお知らせ
    2017.06.05. from 春秋渋谷文化村通
    各店宴席プラン
    2017.05.26. from 春秋(本社)
    正社員・アルバイト募集
    2017.04.10. from 春秋(本社)
    TOP